<一覧に戻る

2022.04.13

第三回ちはやふる小倉山杯 開会式末次由紀ご挨拶

2022/04/13(火)


ご挨拶



 第3回ちはやふる小倉山杯、この良き日をまた迎えられたことを嬉しく思っています。

 コロナ禍が去らない中準備を尽くしてくれた関係者の皆さん、調整を重ねて出場して

くださった選手の皆さん、会場に集まってくださった皆さんに、深くお礼申し上げます。


 ちはやふるの漫画を書いていく中で、私も百人一首の DNAを未来に運ぶ一艘の船に

過ぎないと気がつきました。

 百人一首が嵐山で生まれて約800年。

 確実にわたしたちはその「百人一首が受け継がれた世界」を楽しんでいます。

 文化を楽しみ、誰かとフェアに競い合うことを楽しんでいます。

 これがどれほど人生を豊かにするか、どれほど得難い幸せかということを、

 コロナ禍や世界情勢を鑑みて感じる時間が増えました。

 世界に、私たちが、みなさんが、どれほど面白い世界を作り上げているかを見てもらいたいのです。

 百人一首と競技かるたのある未来への一歩をまた今日も歩き出しましょう。

 皆さんの健闘をお祈りいたします。


2022年4月10日


 末次由紀



(開会式代読・天野慶)




第三回ちはやふる小倉山杯公式ホームページ

ちはやふる基金ホームページ

ちはやふる基金マンスリーサポーターになる